FC2ブログ
2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

【熟女体験談】私の知らない間にAVに出演していた巨乳妻

kage

2015/02/28 (Sat)

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニ
のパート勤めで子供は1人で10歳です。
結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が
有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です。
私は妻は余りSEXは好きでは無いと思っていました・・・

麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く私が処女を貰いそのまま結婚しました私も
歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、
2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。

【熟女体験談】昔不倫した華原朋美似の人妻と5年後に再開してしまった話

kage

2015/02/28 (Sat)

今から10年以上の前、当時25歳であった。大学を卒業して、
一生懸命仕事をして毎日が充実していた。

当時、私には付き合っていた女性(仮に真紀と呼ぶ)はいたが、
真紀の方は私に熱心だったが、私はそれほど熱心ではなかった。
真紀はスレンダー美人系で気だても良かったが、
あまりにもレベルが高いため、かえって私が少し引いてしまっていた。
真紀にとってみれば、私はド真ん中のストライクだったらしいが、
私としては心の奥底で波長が合わなかった。
真紀の器量が良すぎるため、会えば楽しいが、反面、長続きしないんじゃないかと思い、
不安な気持ちになることが多かった。

そのような状況で、ある取引先に華原朋美に良く似た29歳の可愛い妖艶な人妻がいた。
まさに円熟と言った言葉がふさわしく、フェロモン満開といった感じであった。

【熟女体験談】職場の地味な人妻と不倫した結果→裁判沙汰に

kage

2015/02/28 (Sat)

最後に釣り宣言とか柄じゃねえし、引っ張る文章力もないんで最初に言っとく。

「これはネタとして読んでくれ」

いや、別に読まんでもいいけどな。マジ下らん話だし。

それにしても主婦って、なんですぐ股開くんだろうね。
うちの職場、単純事務は全部で十何人かいる主婦パートに任せてるんよ。
昔は腰掛けOL花盛りだったそうだが、今じゃ20代~40代の奥様軍団がウヨウヨだ。

そんな職場に配属されて2年。辞めた人も入れたら7人に食われた。
「食った」じゃなくて「食われた」なのは、全部向こうがアプローチしてきたから。
たまにある職場の飲み会じゃ、奥さんたち、俺の腿や尻にお触りしてくるわ
「酔った~」とか言ってオッパイ押し付けてくるわ、これどこの熟女店?状態だ。

【人妻体験談】ロケットおっぱいをもった人妻とバックからハメまくっている話

kage

2015/02/27 (Fri)

仕事の関係で1年前からロス郊外にきてます。
ついこないだ知り合いの女の人が遊びにきてやってしまったことなんですけど。

その人とは、日本に居るとき行きつけの飲み屋で知り合いました。
ねこ目で結構エロそうな目つき、そしてロケットのような形のいいバストが印象的でした。
既婚で2児の母、上の子はもう中学1年です。
相手は私の3つ上、37歳です。

私がアメリカにいるあいだに、アメリカに行ってみたいということで、
時間を作って来るとのことでした。
日本に居るときはこんな女と一発できたらいいなぁ、
なんて思ってましたが、飲み屋で知り合って、
しかも知り合いの友人ということもあり、手を出すなんて考えもよりませんでした。
しかし、今回こっちへくるというので、ちょっとうまくいったら、なんて考えていたんです。

【熟女体験談】彼女のお母さんが僕の童貞を奪った昔のセフレ

kage

2015/02/27 (Fri)

大学で知り合って、付き合い始めて3ヶ月の彼女、東山エミの家に初めて遊びに行った。
エミは結構良い所のお嬢さんで家も大きくて俺には勿体無い位の美人
胸はちょっと小さいけどプロポーションは良くてSEXの相性も抜群
何の不満もない最高の女の子だった。
その日、彼女の部屋でイチャイチャしつつレポートを書いていたら
彼女のお母さんが突然買い物から帰ってきた。

「お母さん帰って来ちゃった・・・」
玄関の閉まる音を聞いて一階に降りていったエミが
御免ねという顔をして部屋に戻ってきた。
エミの話では専業主婦のエミのお母さんはその日買い物に出かけて
友人達と食事して夕方まで帰らない予定になっていた・・はずだったのだが

【熟女体験談】回線工事に行ったの井川遥似の人妻に襲われてフェラされた話

kage

2015/02/27 (Fri)

3年~4年前の夏のこと。おれが20代半ばの頃、あるマンションのTVのアンテナの工事をやった。
高級なマンションであったにもかかわらず、少し古かったため、CS放送の受信には対応してなかった。
屋上のアンテナと共用部の機器は交換が終わってあとは部屋の中のテレビの端子の交換を残すのみ。
これが結構大変で、テレビの後ろはホコリが溜まってたりしてむせ返る事も。
私は職人さんではないので物の手配と工事の立会いをしていた。

そして最終日。
一日に回れる世帯は限られているので多くは回れないんだけど、職人さんが交通事故で来れなくなってしまった。
結構焦ったけど、スケジュール表を見ると今日は午前中3件だけで完了だった。
材料はあったので急遽私が工事をすることに。
工事の様子はいつも見ていたのでなんとかなるだろうと。
一軒目はなんなく終わって問題の二軒目。
そこの奥さんが妙に色っぽい。笑うと井川遥にそっくりだった。しかも体つきもミョーにエロい。

【熟女体験談】熟女と最高の不倫という名の中出しをした話

kage

2015/02/26 (Thu)

私は45才既婚でただいま単身赴任。彼女は同じ職場のパ-トさんで53才熟女。
仕事は日曜と隔週木曜がお休み、月に1度位彼女は私の部屋にやって来る。
彼女とは初めは仕事の上での付き合いしかなかったが下ネタも十分に通じるちょっと
小太りの年寄り若く見える女性。だんだんとプライベートの話もするようになった時、
ご主人の浮気の相談を受けた。単身赴任の私も浮気をしているのかと思ったのかいろいろと相談された。
そのとき、私は浮気はしていなかったがそれなりの受け答えはしていた。
私は彼女はタイプの女性、前から気になってはいたが身持ちが堅そうだったので
そんな素振りは見せないでいた。

【熟女体験談】同窓会で会った元カノであり人妻と不倫セックス Part2

kage

2015/02/26 (Thu)

会社に突然女性から電話がかかってきた。
「はいっ〇〇ですが・・・」
「充子の友人の美紀です私の携帯番号・・・・・・・・・ちょっとお話できませんか」
「いいですよでは」と電話を切り場所を変え携帯で美紀に連絡した。
「〇〇ですが・・・」
「あっはいっ美紀です。すいません会社に電話してしまって」
「突然どうしたんですか」
「充子からあなたとのこと聞きまして木村君とのこと聞いてますか」
「ええっ木村とのことを聞き驚きました大変だったみたいですね」
「踏ん切りがつかなくて一度お話しできませんか」

【熟女体験談】同窓会で会った元カノであり人妻と不倫セックス Part1

kage

2015/02/26 (Thu)

同窓会開催の案内が届き懐かしい顔ぶれに会って来た。
元カノの充子を見つけ「元気?」と声をかけた。
アルコ-ルも入り口も軽くなった充子が一度旦那の子を堕胎し腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。
連絡先を交換し、再会を約して会場を後にした。

1ヶ月ほどして携帯に無言電話が掛かってきた。
出張中だったので無言電話に向かって勝手に話し切った後、充子に電話した。
ビンゴであった。
「ちょっとイヤなことがあり、声を聞きたかったの」と言うので週末に食事の約束をした。
旦那に上手にウソをついて出てきた充子との同窓会以来の逢瀬であった。
食事をして楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。
食事を終えドライブしながら
「最近セックスしてるの?」と聞くと「年上だから元気がないわ」とあっけらかんと答えた。
「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」
と思い切って誘うと「ダメッ人妻よ」と口では抵抗していたがホテルの駐車場に入ると素直についてきた。

【熟女体験談】初めての不倫セックスに快感を感じる不貞人妻

kage

2015/02/25 (Wed)

48才人妻です。
浮気や不倫は雑誌やドラマの世界で本当はほんの一握りの人達の事だとつい数ヶ月前まで思っていました。
初めての男性と結婚し他の男性との経験がない私は多少の浮気願望があったにせよ自分から遠ざけていたのでしょうね。
主人との夜の生活は月に1回程度ですが大きな不満もありませんでした。
今思えば無知だったのかも。
子供も手を離れ平日の仕事がお休みの日はフィットネスクラブに通うようになりました。
もうすぐ50才ですがまだまだ、との気持ちがあったのでしょう。

クラブに通うにつれ同年代の1人の奥様と親しくなりました。
時折ランチやお茶しプライベートもお互い話すようになっていきました。
彼女は結婚しているのに彼がいると言っていました。
少し羨ましさは正直ありました。