FC2ブログ
2014 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 02

【熟女体験談】レストランの店長はバイトのJDやパートの人妻食べ放題

kage

2015/01/22 (Thu)

今は友人と居酒屋を経営していますが、今から10年前はレストランの店長をしていました。最近でこそつまみ食いはやめましたが、その昔はバイトの大学生などは食べ放題でしたし、逆に主婦から食べられてしまうこともありました。

店長になりたての頃にちょうど結婚し、はじめての浮気相手が1歳下の貴美でした。彼女は3人の子供を持つ普通の主婦。彼女の視線やしぐさが私の前だけ妙に女ぽっく見えるように思っていました。
しかし、まだ着任してまもないし、こちらも結婚してすぐだったこともあり「つまみ食いをする」心の余裕はありませんでした。
学生のバイト達が試験期間のときに、ラストの閉店作業をする子が誰もいなくて困っていたときに、彼女が以前は夜の工場で働いていた事を思い出しました。そこで、彼女に出勤交渉するとすこし困った表情をしました。最近、旦那の帰りが遅く子供たちだけで留守番をさせるのが怖いとのこと。しかし、こちらも困る旨を話しなんとか了承してもらいました。
「その代わり、何か良いことありますか?」そう聞く彼女に
「うーーん、じゃー僕のチューでどう?」と僕。
「えーーっ!ほんとですか?じゃー約束してくださいね!」
と二人とも冗談半分で笑っていました。この日の約束は僕もすっかり忘れていましたが・・・。
当日、遅めの時間は彼女と二人で店を回しましたが、暇だったこともあって二人で冗談を言い合っていた気がします。

【熟女体験談】性病検査で先生に騙され中出しされるも病みつきになる女

kage

2015/01/22 (Thu)

近所のレディースクリニックを受診して、そこの先生や看護婦さんにとても優しく親切にして頂きとても感激したのでお話します。

こんにちは、私は28歳の主婦です。清水由希といいます。よろしくお願いします。
先日、大事なところの周りが赤くなって少しかゆかったので、主人に話すと
「一度、婦人科で見てもらったほうがいいよ。」と言ったので、受診しましたが、
先生に、
「心配ないでしょう、あせもののようなものですよ。」言われ飲み薬と、塗るお薬をもらいました。
看護婦さんに生理のことを聞かれ
「じゃー、来週、金曜日が安全日ね、また来週金曜日6時頃に来て下さい。」
と言われ、家に帰って薬を塗ったりしたら2~3日ですっかり治りました。
次の金曜日は内診もあるかもしれないと思いちょっとおしゃれをして出かけました。
最近買っばかりの、薄い水色のブラジャーとパンティー、パンティーは赤い小さなリボンのついたビキニタイプ、黄色のキャミソール、下は黒のフレアースカート、上はお気に入りのピンクのブラウスを着て、暑いのでパンティーストッキングははきませんでした。

クリニックに行くと他の患者はもう誰もいなくて私が中に入ると、看護婦さんが、
「今日はもう終わりよ、清水さんが最後なの。」と言いながら入口のドアーの鍵をかけカーテンを閉め看板のライトを消し、クリニックの中には、私と看護婦さんと先生だけでした。

【熟女体験談】温泉旅行で友人に犯され中出しされる妻

kage

2015/01/22 (Thu)

妻とのセックスにマンネリを感じていた。
若くて美人でスタイルもいい女に飽きるとは、と言うかもしれないが本当だ。
夫婦仲が悪いわけではない。
むしろ喧嘩もしないぐらいだ。

それは妻の智子も感じていたみたいだった。
俺には妻にも言えないでいる願望がある。
妻が他の男に抱かれているところを見てみたいのだ。
そこで一番仲のいい友人と相談し、マンネリ打破をかねて旅行に行く計画を持った。

友人夫妻と4人で熱海に行くと妻には伝えたが友人の妻は当日キャンセルとなった。
もともとの計画通りだ。
智子は気にすることもなく旅行を楽しんだ。
久しぶりの旅行で恋人気分を取り戻したかのようで楽しかった。
同行の友人は、時々妻のスレンダーな体からせり出すように膨らんだ乳房を盗み見ているようだ…。