FC2ブログ
2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

【熟女体験談】ヤッタ熟女が・・・あの人だったとは・・・【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

僕は熟女が大好きな17歳の高2です。15歳の時に人妻さんの味を知ってから
余裕で100人以上の人妻さん・熟女さんとやりまくってます。
その中にはある芸能人も数人います。(ちょっと自慢ですが)

周りの友達にも何人か熟女好きはいます。学校では、昨日ヤッタ熟女はどうだったとかそんな話ばかりで
毎日熟女とヤル事ばかり考えています。今回はある芸能人とのことです。

友達にも話しましたが、「お前、遂に嘘までつくようになったのか」と信じてもらえなかったのですが
流石にある写メを見せたら・・・
芸能人とは数人経験があるけど、今回はやられた女優●たせ●乃さんです。
僕が16歳の時です。都内のある人気の少ない路地を夜1人で歩いていたら、前から2人の女性がしゃべりながら
通り過ぎていったんですが、しばらくすると後ろから1人の女性が・・・
「ねぇ君・・・ちょっと」と呼び止められ、「僕のことですか?」と聞いた。
「君にちょっと聞きたいんだけど、この辺に●●っていうお店に行きたいんだけど」と言われ
どうやらこの辺りで迷っていたみたいだった。


【熟女体験談】やられた【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

このところ習慣となった、スーパー銭湯でのアカスリ。
今回も飢えたオバチャンを指名して、アカスリ場でアカスリが始まった。
アカスリの最初は顔と棒の部分にタオルがかけられ、アカスリタオルでゴシゴシ体を擦られるのだが…
しばらくして、アカスリ場のドアが開いた。
そのアカスリ場にはもう一つベッドがあるため、他の予約客が時間で入ってきたと思った。
しかし股間にあったタオルの感触がなくなった次の瞬間、オレの棒をしごく柔らかい手の感触が。
何事かと、顔のタオルを剥ぎ取ると…
アカスリしてる飢えたオバチャンの他に、女が二人ベッドの傍に立っていた。
すると、飢えたオバチャンが…
オチンチン食べたいとオレの耳元で囁いたと同時に一人の大柄なオバチャンが、オレの棒を舐めはじめた。

【熟女体験談】教育実習生【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

朝礼が終わって、教室へと戻ったときに、
「残念ながら、男のほうらしいぜ」
後ろの席の佐藤が、そう教えた。
「…え?」
「実習生。うちのクラスに来るのは、男のほうらしい」
「ああ。そうなんだ」
つまり、いましがたの朝礼で紹介された二人の教育実習生のうち、男のほうがこの二年A組付きになるという情報だった。
「ツイてねえよな。せっかく、女子大生とお近づきになれるチャンスだったのにさ」
「うーん…女子大生つってもなあ」
いかにも無念そうな言葉に、修一は同調する気になれない。女性のほう、佐藤の拘る“女子大生”は正直さほど“お近づき”になりたいタイプでもなかった。
「それでも、ニヤけた優男よりは何倍もマシだ」
「…まあ、そうかもな」
譲らない佐藤に適当に合わせながら、周囲をうかがってみる。
その情報はすでに広まっているようで、教室の雰囲気は少し違っている。なるほど、女子生徒のほうが盛り上がっているみたいだ。
やれやれと修一が軽いため息をついた時、チャイムが鳴った。