FC2ブログ
2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

【熟女体験談】熟デリの風俗嬢に気に入ってもらえた【不倫】

kage

2014/12/25 (Thu)

熟デリで遊んでます。
ハズレも多いけど、サービスはいいから。フェラにしても上手いし、スタイルとか気にしなければ最高。
そして、そんな店から呼んで来たのが由紀子。37歳とは書いてあるが多分上。ショートの茶髪で細身で結構綺麗。
話しても食いつきいいし、
「タイプだし、サービスするね!」
とフェラも上手いし丁寧で、素股をして発射。
しかも時間が余ったら
「口でしてあげる」
ってフェラをしてくれて口に発射。
「濃い」
と笑うけどオプションだったはず。
だけど追加なしで
「モテるでしょ?」

【熟女体験談】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【巨乳】

kage

2014/12/25 (Thu)

叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。
叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。
都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。
大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。
まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。
自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて
「一緒にお風呂に入りたい」
とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。
大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。
一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。
極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。
しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。
叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。

【熟女体験談】保険外交員の熟女支店長との濃厚な合体【寝取られ】

kage

2014/12/25 (Thu)

保険のプランを見直した時の話。
担当の外交員が説明がイマイチで、ある時に支店長だと話す女性がついてきた。
40代後半くらいの女性でしたが、ブラウスから豊満なバストが突き出ていてたまらなかった。
説明も上手でわかりやすかったんですが、どうしても巨乳の身体を見てしまいました。
「また来ます」
と後日改めて会うことにしましたが、20代の担当の娘よりも40代の支店長の方がたまらなかった。
後日都合がなかなかつかなくて、支店近くまで行く用事があり、支店の部屋で話しました。
担当の娘と支店長と3人。相変わらずの豊満ぶり。
透けて見える黒ブラもまたやらしかった。
そしてプランを説明されて、何度か手直しして更新したんですが、担当の娘が事務所に行き、支店長と2人きり。
「もてますでしょ!」
とか話をされながら、支店長と2人きりで話してた。
俺はここしかないと思って、支店長の彼女に