FC2ブログ
2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

【熟女体験談】母と同じ歳の熟女と【不倫】

kage

2014/12/22 (Mon)

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。

その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。

その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。

お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。

Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。

するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。

【熟女体験談】虫嫌いの友達の母親のスリップの中にホタルが入りこんだ【不倫】

kage

2014/12/22 (Mon)

友達の母は、暑い夏の日はノーブラ・ノーパンの白スリップ一枚で、家事をしていました。
エアコンのない二階建ての一軒家で、友達の母は汗だくで白のスリップが透けて、薄茶色の乳首もお尻のライン、黒い陰毛までも透けて家事をしていました。
友達の母は、透けたスリップのままジュースやお菓子を持ってきてくれまして、部屋に入り、友達の母が正座で座り、白肌の太ももが見えて、
「どうぞ召し上がれ」
と言い、私はしばらく見ていました。
友達の母のスリップ姿に見とれて、友達の母が部屋を出ると、
「おまえの母ちゃん色っぽいよなぁー、何歳なの?うちの母ちゃんと違うよ」
と聞いてみました。
友達から返事はなく、しばらくお菓子を食べてジュースを飲み、ゲームをして楽しんでいました。
夕方になり、ベランダに通じる部屋で干し物を干したり取り込んだりする時に友達の母が通ります。
友達の母はやはりスリップ一枚で入り、その時私は寝転んで漫画を見てました。
友達の母が、寝転んでいる私の顔のそばを通る時でした、友達の母のスリップの中を下から覗き、
「わぁーノーパンだ、黒い毛がボーボーだ、後お尻も見えちゃった。あ、割れ目も見えた」

【熟女体験談】昔の経験【セフレ】

kage

2014/12/22 (Mon)

おばさんとガイドさんの間に割り込むように倒れこんだのです。

そこは煙草の煙と熟女のフェロモンでむせ返るような空気で一杯でした。

ここでちょっと寺島のおばさんの事を少し書いておきましょう。

寺島のおばさんは僕の住んでいる近所に、夫と息子と娘の4人暮らしをしていて、おばさんから聞いた話ではどうしても辰年の息子が欲しかったので23歳の時に好きでもなかった公務員の今の夫と結婚し、24歳の時に念願の辰年の息子を授かった、と言っていたのでその当時おばさんは47歳だったと思います。

そして近所では、その派手な格好(膝上30㎝のミニスカートをはき、体にぴったりとしたニットとかの服とか、胸の大きく開いた服をよく着ていた)でよく出かけていたので、絶対不倫してると有名でした。