FC2ブログ
2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

【熟女体験談】外注さんとして担当していた6歳年上の奥さん

kage

2014/12/14 (Sun)

30年目の快楽に溺れそうです。
その人と初めてあったのは、僕が24歳の時でした。
仕事で外注さんの担当をしていた時の外注さんの一人でした。
外注さんは大きく分けて法人外注さんと個人外注さんとに分かれます。
個人外注さんは、いわゆる内職さんです。
法人外注さんには大口の発注をして、個人外注さんには小口発注で急ぐ品物とか受注残で少量の品物をお願いしてます。
その人は○崎紀代美さんといい、僕と6歳違いの歳上の奥さんで、9歳と6歳の娘さんがいました。
旦那さんは御自宅から歩いて通える工場で塗装みたいな作業をしているらしく、殆ど残業もなく夕方には御帰宅しているようでした。
娘さんは小学生で午後の遅くない時刻には帰って来ました。
紀代美さんは生活費の足し、住宅ローンの足しに内職をしていたのです。
まあ旦那さんの収入で賄えるようですが余録も欲しいし、何しろ子供が小学校に通いだし手が掛からなくなって暇をもて余したというのも理由らしかったんですが、急なお願いも対応してくれたし、何しろスマートで優しそうで美人だったので僕は、いつも長居をしてしまいました。
自宅の居間の片隅にミシンを置いての作業で、庭に面した掃き出し窓で応対してくれ、たまに時間が有ったりすると居間に入れて貰いコーヒーなどを御馳走になりました。
夏休み前から紀代美さんは暑さ対策と言うほど大袈裟ではなく、ノースリーブのVネックと当時、流行ったルーズなジョギングパンツ(股上は浅く全体に膨らんだシルエット)を好んで着ていました。

【熟女体験談】14歳の少年と母親【セフレ】

kage

2014/12/14 (Sun)

中学の時におふくろと同級生が嵌っている場面を見てしまった。
バレー部に所属していたが、その日はクラブ活動が中止になったため何時もより随
分早く帰宅した。
未だ夕暮れには間があるが玄関に鍵が掛かっていた。
おふくろが買い物にでも行っていて留守だと思い塀づたいに裏へ廻り台所から家の
中に入った。
その時、家の中には誰も居ないはずなのに居間の方に人の気配を感じた。
何かゴソゴソと蠢く音と猫の鳴き声のような音が聞こえてきた。
何となく卑猥な感じがしたため音を消して居間に近づくと・・・。
同級生だった健二がおふくろと繋がっていた。
二人は全裸で四肢を絡ませ蠢いていた。
瞬間的に嵌っていることは明らかに判った。
肉と肉が擦れて湿った音が台所まで漏れている。
そして切なそうに喘ぐおふくろの鳴き声がハッキリと聞こえる。
どうしておふくろと健二が肉の交わりに踏み出したのか、その経緯は判らない。

【熟女体験談】隣の奥さんが・・・

kage

2014/12/14 (Sun)

はじめまして。21歳の学生です。
お隣の人妻と不倫関係になった時の経緯を書きたいと思います。
最初は汚い話ですが読んで頂けたら嬉しいです。

夏の夜中、マンションのドアチャイムが鳴りました。
「オートロックなのに誰だ?」と思いながら
出てみると、そこに立っていたのは隣の奥さん

44歳の熟女ですが、年の割りに若く見え、
家族は旦那さんと小○生の男の子、幼○園の女の子の4人暮らし
いつもは挨拶する程度ですが、
気が強いらしくベランダに居ると
旦那との夫婦喧嘩や子供達を叱る声が良く聞こえてきます。
顔は野○聖子にちょっと似てるw