FC2ブログ
2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

【熟女体験談】バイト先の熟女な人妻と童貞喪失セックス

kage

2014/12/28 (Sun)

僕……翼(18)
人妻…香織(33)

先日、会社で同じアルバイトしている先輩と濃厚な初体験をしました

ある日、何かのきっかけで香織さんと二人きりで残業になり仕事も終わって一緒に帰る事になりました


香織さんは地味でおとなしく少しオバサンっぽい顔だけど胸が大きくスタイルもいいので一緒に歩いただけでドキドキします。

実は僕も地味で…いちおう外見に気を使いオシャレもしているのですが内向的でこれまで彼女も出来た事がなくエッチもまだで…・

帰り道、一緒に歩いてると香織さんが「翼くんって彼女とかいるの?」と聞いてくるので僕がまだですと答えると香織さんは意外な顔をして「へえっ!意外だね。かわいい顔なのに」僕が照れていると話が深まり僕が彼女いなくて童貞である事・キスもまだな事…など話は深まり…・
突然、香織さんが雑居ビルの裏に僕を連れ込み唇を押し当ててきました。

【熟女体験談】当時30代前半だった有名女優のK・MとSMプレイをした【レイプ】

kage

2014/12/28 (Sun)

2年間、独身熟女と生活している21歳の大学生です。知り合ったきっかけ
は、PCショップでバイトしていたときに、彼女のお家へ、注文を受けたPCの
取り付けと設定にお邪魔したのがきっかけでした。4階建ての1階が彼女が
経営する美容サロン、2階には会計事務所、3階は音大生用のアパートが4
部屋、4階が住まいになっています。定休日に訪問して、新しいPCの取り付
けと説明を2時間位でスムーズに終えましたが、翌日クレームの電話が入り
再訪門をすることになりました、クレームの時は社員が向かうのですが、夜
8時過ぎの指定でしたので、帰宅の途中に僕が行くことになりました。

【熟女体験談】当時30代前半だった有名女優のK・MとSMプレイをした【レイプ】

kage

2014/12/27 (Sat)

以前、俺は六本木近くのSMクラブに通っていた。
SMに興味があったわけではない。飲み屋で知り合った男に紹介され、タダで女とヤルことができるからだった。
俺が通ったクラブは変則的なチャージシステムで、M女との相手はタダだった。
M男、M女が高い料金を払わされていた。
俺の相手のM女のほとんどは人妻だった。
美人はいなかったが、上品で金持ちそうな女ばかりだった。
俺はSMの知識がほとんどなく、SMロープの縛り方など全く知らなかったから、マジックテープを持参して行った。
マジックテープで両腕を後ろ手に巻きつけ、あとはM女の希望する事だけをやれば良かった。
ひと通りのプレイをやった後はフェラチオを強要し、最後はオマンコに挿入した。
SMプレイはヘタクソだったが、言葉攻めは得意だった。
マジックテープを使う素人的なプレイが気に入られたのかリピーターが数名いて、俺の固定客だった。
俺がマジックテープを使うのは、それを使って実際に女を襲っていたからだった。
週1回は女とヤリたかったが、毎回ソープでは金が続かない。

【熟女体験談】取引先の56歳の独身女性に健康診断と言ってエッチなことを

kage

2014/12/27 (Sat)

32歳の営業マンです。
みなさんは苦手なタイプの女性はいますか?
僕の場合は仕事の取引先の女性支店長で、T子さんという56歳の独身女性がそうでした。
凄く嫌みくさく、何でも上から目線で物を言う感じの人で、ほとんどの人は苦手な人種だと思います。
僕も以前はよく彼女にイジメられたり嫌な思いをしましたが、そんな苦手だった女性とも今現在は非常に良好な関係を築いています。
でも、良好な関係と言うのは決して一線を越えたいかがわしい関係とかではなく、健全な関係ですよ。
お互いにそう認識してるので間違い有りません!
僕とT子支店長が、その良好な関係となったキッカケと関係内容を告白します。
以前T子支店長を交えての飲み会があった時、僕も渋々出席しました。
僕はあまりお酒が飲めないので形だけ出席した感じでした。
その時T子支店長と隣になり、仕事の話し中心でしたが色々と話しました。
非常に緊張する嫌な時間でした。
とりあえずその飲み会はPM8:00にお開きになり、皆で二次会へと!

【熟女体験談】私立の男子校で教師をしてる56歳の主婦【巨乳】

kage

2014/12/27 (Sat)

私立の男子高校で教師をしてます、56歳の主婦です。
息子はもう社会人になって自立して、今は主人と二人です。
高校ではラグビー部の副顧問に、三年生の担任に、父兄会も親睦会もさせられてもう走り回る毎日です。
長年教師してるのに私って何やっても遅くてドジばかりでほんとにどうしようもないんです。
身長が150しかなくて幼顔で、美貌とか色気なんて羨ましいです、どちらかと言えば可愛い甘えんぼの方です。
背が低いのに胸がいわゆる巨乳なんです。
ホルモンが分泌しちゃうんでしょうか、出産してからもまだまだサイズがアップしたりして、今はブラのサイズがJ70なんですね。
この身長でJカップはもう胸ばかりが目立ってしまいますね。
贅肉もちょっとついてしまってムチムチしてるから先生方にミニマムグラマーって言われちゃうそんな体型です。
見た目は顔も感じも磯山さやかさんって言われて、そんな優しいというかゆっくりした感じです。
教え子たちにきつく叱れない甘い私だから、ブラウスがはち切れそうになっちゃうと、男子高でそんなのはこの歳になっても囲まれてしまうんですね。
「美也子先生、今日もでかい」
皆もう美也子先生美也子先生ってなっちゃって私の胸なんです。

【熟女体験談】ヤッタ熟女が・・・あの人だったとは・・・【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

僕は熟女が大好きな17歳の高2です。15歳の時に人妻さんの味を知ってから
余裕で100人以上の人妻さん・熟女さんとやりまくってます。
その中にはある芸能人も数人います。(ちょっと自慢ですが)

周りの友達にも何人か熟女好きはいます。学校では、昨日ヤッタ熟女はどうだったとかそんな話ばかりで
毎日熟女とヤル事ばかり考えています。今回はある芸能人とのことです。

友達にも話しましたが、「お前、遂に嘘までつくようになったのか」と信じてもらえなかったのですが
流石にある写メを見せたら・・・
芸能人とは数人経験があるけど、今回はやられた女優●たせ●乃さんです。
僕が16歳の時です。都内のある人気の少ない路地を夜1人で歩いていたら、前から2人の女性がしゃべりながら
通り過ぎていったんですが、しばらくすると後ろから1人の女性が・・・
「ねぇ君・・・ちょっと」と呼び止められ、「僕のことですか?」と聞いた。
「君にちょっと聞きたいんだけど、この辺に●●っていうお店に行きたいんだけど」と言われ
どうやらこの辺りで迷っていたみたいだった。


【熟女体験談】やられた【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

このところ習慣となった、スーパー銭湯でのアカスリ。
今回も飢えたオバチャンを指名して、アカスリ場でアカスリが始まった。
アカスリの最初は顔と棒の部分にタオルがかけられ、アカスリタオルでゴシゴシ体を擦られるのだが…
しばらくして、アカスリ場のドアが開いた。
そのアカスリ場にはもう一つベッドがあるため、他の予約客が時間で入ってきたと思った。
しかし股間にあったタオルの感触がなくなった次の瞬間、オレの棒をしごく柔らかい手の感触が。
何事かと、顔のタオルを剥ぎ取ると…
アカスリしてる飢えたオバチャンの他に、女が二人ベッドの傍に立っていた。
すると、飢えたオバチャンが…
オチンチン食べたいとオレの耳元で囁いたと同時に一人の大柄なオバチャンが、オレの棒を舐めはじめた。

【熟女体験談】教育実習生【セフレ】

kage

2014/12/26 (Fri)

朝礼が終わって、教室へと戻ったときに、
「残念ながら、男のほうらしいぜ」
後ろの席の佐藤が、そう教えた。
「…え?」
「実習生。うちのクラスに来るのは、男のほうらしい」
「ああ。そうなんだ」
つまり、いましがたの朝礼で紹介された二人の教育実習生のうち、男のほうがこの二年A組付きになるという情報だった。
「ツイてねえよな。せっかく、女子大生とお近づきになれるチャンスだったのにさ」
「うーん…女子大生つってもなあ」
いかにも無念そうな言葉に、修一は同調する気になれない。女性のほう、佐藤の拘る“女子大生”は正直さほど“お近づき”になりたいタイプでもなかった。
「それでも、ニヤけた優男よりは何倍もマシだ」
「…まあ、そうかもな」
譲らない佐藤に適当に合わせながら、周囲をうかがってみる。
その情報はすでに広まっているようで、教室の雰囲気は少し違っている。なるほど、女子生徒のほうが盛り上がっているみたいだ。
やれやれと修一が軽いため息をついた時、チャイムが鳴った。

【熟女体験談】熟デリの風俗嬢に気に入ってもらえた【不倫】

kage

2014/12/25 (Thu)

熟デリで遊んでます。
ハズレも多いけど、サービスはいいから。フェラにしても上手いし、スタイルとか気にしなければ最高。
そして、そんな店から呼んで来たのが由紀子。37歳とは書いてあるが多分上。ショートの茶髪で細身で結構綺麗。
話しても食いつきいいし、
「タイプだし、サービスするね!」
とフェラも上手いし丁寧で、素股をして発射。
しかも時間が余ったら
「口でしてあげる」
ってフェラをしてくれて口に発射。
「濃い」
と笑うけどオプションだったはず。
だけど追加なしで
「モテるでしょ?」

【熟女体験談】大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した【巨乳】

kage

2014/12/25 (Thu)

叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。
叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。
都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。
大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。
まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでいて胸の大きな叔母が大好きだった。
自分の容姿が標準以下であることに気づいていなかった頃、そんなボクは結婚したばかりの叔母に纏わりついて
「一緒にお風呂に入りたい」
とせがんでみたり、叔母の腰に抱きついてみたりしては叔父に冷ややかな目を向けられていたのが子供心にも分かっていたのだけれど、叔母は嫌がりもせずにボクをお風呂に入れてくれていた。
大きなおっぱいで、色白の叔母は子供の目から見ても本当に綺麗だった。
一緒に湯船に浸かりながら無邪気なふりをして叔母のおっぱいに触ったり、背中から抱きついてみせたりした。
極めつきには、黒い草むらを目の当たりにした時には股間が何だかもぞもぞしていた。
しばらくして従妹が産まれて、それからも10年くらいは近所に住んでいた叔父一家だったが、その後、叔父の仕事の関係でボクの田舎とは別の地方に引っ越してしまった。
叔母に会えなくなったのは残念だったけど、ボクはボクで大学に入ってから実家から足が遠のいて田舎に戻ることも滅多になかったので、それからはすっかり疎遠になってしまった。