FC2ブログ
2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

【熟女体験談】社長に、性処理の為に雇っていると言われました

kage

2014/11/26 (Wed)

38歳の主婦の美緒です。
私は仕事をクビになりたくないばかりに、勤め先の同い年の社長に体を許してしまいました。
でも、社長とラブホに行った後、凄く落ち込みました。
主人を裏切ってしまったという想いから後悔で胸がいっぱいで、小学生の2人の子供の顔もまともに見れないような感じでした。
と同時に、社長に一線を許してしまった事で、これから社長がエスカレートしないかという事も心配でした。
同じように社長と関係を持っている事務員のマリちゃんから、社長は最初からエッチ目的でパートを雇っているという事も聞いてしまったからです。
私は仕事をクビになりたくない一心で社長と関係を持ってしまったのですが、その日から早く他の仕事を見つけてこの会社を辞めよう、と心に決めました。
社長からの二度目のアプローチは、社長とラブホに行ってから1週間も経たないうちにありました。
その日の昼間、会社には私と社長しかおらず、私が伝票の入力とかをしているといつの間にか社長が私の背後に立っていました。
私が振り返ると同時に、社長が後ろからいきなり抱きついてきました。
「ちょ…ちょっと、社長…!」
驚く私を尻目に、社長は服の上から私の胸を触ってきました。

【熟女体験談】未亡人のエロ熟女がアナルをペロペロ舐めてくれました

kage

2014/11/26 (Wed)

今日は、ワクワクメールで出会った、36歳未亡人の暁美さんとセックスしてきました。

3年前に旦那さんがなくなって、莫大とはいきませんがそこそこの遺産が残っているので、お金には困ってないらしいです。

で、37歳の熟女さんはおまんこの疼きを癒すために、出会い系サイトで年下の男とのエッチで性欲をみたしてるとかw

未亡人という事は、今はフリーなわけで、不倫でもなんでもないんですが、なぜか未亡人という響きにワクワクしてしまう俺・・・w

エロビデオで、未亡人が死んだ旦那が勤めてた会社の部下や上司に犯されて、奴隷に調教されるのとか大好きo(^_^)o
暁美さんとは、すぐに意気投合したので直メアド交換して、会うとこまでこぎつけ、いざ出陣!!!

待ち合わせ場所には、とても36歳には見えない若々しくてナイスバディの女性が!!

芸能人で言うと高島礼子さんをもうちょい一般人ぽくした感じというとこでしょうか。

やっぱり、セックスやりまくってると、女も若々しさをキープできるんすかね(笑)

ゆっくりと話のできる静かなバーに誘い
お酒を飲みながら、彼女の寂しい話を聞いていたわけですが、未亡人ってエロい!

チラッと見える胸の谷間や何気ない仕草にもエロさを感じ、ココが個室なら迷わず襲い掛かってたと思いますw

そんな俺の心の叫びがとどいたようでw、暁美さんの方からホテルに行く?という誘惑してきました〜。

キタ━(゚∀゚)━!

【熟女体験談】娘の彼氏にレイプされた話

kage

2014/11/26 (Wed)

私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です
10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。

その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食を摂ったあとだったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君が訪ねてきました。
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿でいないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、合宿があることは聞いていたけど就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていたと言いました。
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。
そして、せっかく来たのだからお茶でもと言って私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。

村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしているときに悪夢は始まりました。