FC2ブログ
2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

【熟女体験談】会社の事務員が息子について相談があると言ってきた【同僚】

kage

2014/11/22 (Sat)

会社の事務員、佳枝。45才、バツイチ。
小柄だが、むっちりしたお尻、くびれたウエスト、男好きそうなエロい顔立ち、くわえ込んだら離しそうにないぽってりした唇。
いつも後ろ姿を眺めながらこっそり勃起していた俺。
ある日、飲み会の二次会で同僚や先輩が帰ったり酔いつぶれたりした中、佳枝と俺はそいつ等をタクシーに乗せたりした後、2人きりとなった。
「俺たちも帰りましょうか」
「そうね。じゃあタクシー拾いますわ」
同じ方向の2人はタクシーに乗り込んだ
「息子のことでききたいことがあるんだけど…相談できるのあなたしかいなくて…」
「いい…っすよ」
息子には、何度も会ったことがある。
割と明るい好青年だ。
俺たちは佳枝のマンションでタクシーを降りた。
俺は、バツイチで父親替わりに男同士の話をしてほしいのかと、思っていた。

【熟女体験談】誰も来ない農道の車内で熟女にされる濃厚フェラ

kage

2014/11/22 (Sat)

奈良のちょい田舎、山間の県道のそばの、農業道路っ言うのかな、特定の物に行くためだけにありそうな道を100mほど入ると、もう全く人の気配なし。
真昼間なのに車も人も全く通らない。
そこでヒロミさん(43歳、既婚)とよくカーセックスをしていました。
俺は大阪から1時間弱かけて、近鉄西○○駅前までお出迎え。
15時頃、パートが終わったヒロミさんを乗っけて、彼女の指示で10分ほど走って先ほど説明した「穴場」へ。
到着したら、時間がもったいないので早速始めます。
1時間半~2時間の逢瀬。
ホテル代を出してもいいと言いつつも、俺が休職中である事を気遣ってくれる彼女に甘えちゃってました。
ここなら誰も来ないだろうと安心していたので、ヒロミさん、結構大胆でした。
上は社名が入った白っぽいブラウス、下は紺のスカートの出で立ちが多かったですね。
いちいち着替えるのが面倒くさいとか。
とは言え、プレイ中、それを脱ぐまでにはいきませんでした。
もしもの時のために、下着とパンストだけ脱いでいました。
俺の方は、上はTシャツ、下は直前になるとパンツ一丁。
さすがにジーパンやスラックスを穿いたままではやりにくいですからね。

【熟女体験談】中坊専用「脱童貞マニュアル」

kage

2014/11/22 (Sat)

俺は中1の時、近所のオバさんにお願いして童貞を捨てさせてもらったなあ。
古い土地柄で、近所付き合いが根強く残ってたから可能だったのかもしれん。

オバさん…仮に「佐藤さん」にしとくが、実家から徒歩30秒に住むご近所さん。
正確な年齢は知らんけど、うちの母親より少し上だから、当時40歳くらいかな。
もちろん既婚。子供は2人いて、上の娘が俺より1コ下だったと思う。

おまえらが幻想を抱かないよう正直に言うと、大して美人じゃない。
ブスでもないがタヌキ顔。若い頃は可愛い感じだったかもな、と想像はするけど。
身長は当時の俺と同じ157センチくらい。小太りで胸と尻は結構デカかった。

明るくて喋り好きで人当たりの良い、まあどこにでもいる普通のオバさんだ。
学校の行き帰りに会うと気さくに声を掛けてくれて、前から好感度は高かった。
といっても母親より年上だから、恋愛感情とかは全然なかったけどな。