FC2ブログ
2014 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 11

【熟女体験談】ガチで撮ってみた【近親相姦】

kage

2014/10/19 (Sun)

俺自身の話じゃなくて申し訳ないんだが、
以前、某映像プロダクション…という名のAV制作会社に勤めてた。
こっち方面って異常に詳しい奴がいるから、中身はかなりデフォルメしてある。

その会社でよく組ませてもらってた監督の「Aさん」は、当時30代後半くらい。
熟女系が専門で、人気監督ってほどじゃないが底堅い需要のある人だった。
今は別の世界に転身したが、レンタル屋にはまだAさんの作品が残ってると思う。

そのAさん、やたら「リアリティー」とか「ガチ」にこだわる監督だった。

【熟女体験談】寝たふりしてたら親戚のおばさんが手こきしてきた【不倫】

kage

2014/10/19 (Sun)

忘れもしない小4の夏の事です。
法事か何か?そこの記憶は曖昧だが、家には身内が集まっていました。
どこもそうでしょうが、子供達にしてみればこういう状況は、久し振りに会う従兄弟等とワイワイ楽しく遊ぶだけのイベントです(笑)
当然僕も、兄弟や従兄弟と、大きなテレビのある部屋でテレビゲームをして遊んでいたんですが、そうしている内に、ちょっとだけ眠くなってきました。
(直ぐに眠くなるのは今も同じですが…笑)
結局一人だけ部屋の隅で眠る事になりました。
皆のはしゃぐ声を聞きながら、段々と意識が薄れ、心地良い眠りに落ちていったその時…、当時、家の廊下等ですれ違う度に、一人だけ、子供達に楽しげに接してくれる優しいおばさんがいたんですが、そのおばさんが急にガラッと部屋のドアを開け、
『皆でゲームしてんの~?』
とか何とか、中に入って来ました。
おばさんは、当時30代後半、今で言えば、女優の天海祐希に似た雰囲気の、面長でちょっと気が強そうな見た目の、身内の間でも有名な美人でした。
おばさんは、そのまま暫く部屋の入口付近に立っていて、今から眠ろうとしている僕的には、何だか気になって、少し鬱陶しく思えました。
そして、あろう事かおばさんは、次に、横を向いて寝ている僕と壁の間に割って入り、向き合う形で横になり、
『○○君は寝てるの?』
『ねえ?』
と僕に声を掛けてきました。

【熟女体験談】パーキングのトイレで【不倫】

kage

2014/10/19 (Sun)

渋滞にはまり尿意をしばらく我慢するうちになぜか勃起が治まらなくなった。
ようやく小さいパーキングに着き急いでトイレへ。
田舎のパーキングなので小便器が7つくらいしかない。
おばちゃんが清掃中の隣の便器しか空いていなかった。
我慢の限界だったので(まあ最初から気にはならないが)おばちゃんの隣の便器で放尿。
冗談じゃなく1分以上でてた?ってくらい長い放尿。
その間に他に使用してた人らがいなくなりトイレにはおばちゃんと二人。
二人しかいないのに隣同士はなんだかちょっと照れ臭いし、気まずい感じに。
おばちゃんもそうだったのか
「ずいぶん我慢してたんだねぇ?」
とおばちゃんが言葉を発した。
「えぇ!そうなんですよ。まだ全然止まりませんw」
と笑うと、おばちゃんも会話をしたことでちょっと気楽になったのか、顔をこちらに向けた。