FC2ブログ
2014 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 10

【熟女体験談】人妻熟女・佳恵さん

kage

2014/09/06 (Sat)

昔、バイトしていた職場はパートのおばさんばかりのところだった。

職場では俺は田所という19歳の奴とだいたい一緒に行動していたな。
年齢近かったし、気があった。ちなみに俺は奴より2つ上の21。

俺と田所は4〜5人のおばさんグループと仲が良かった。
このグループは職場のパートさんの中でも比較的若い人ばかりだった。
若いと言っても30代後半から40代前半くらいだが。

最初の頃はおばさんはおばさんとしてしか見られなかったけど、
接している女性がおばさんだけだと段々と感覚も麻痺するのか、
いつしかおばさんもいいなと思い始めてきた。

俺も田所も童貞だった。焦りもあったのだろうか。

【熟女体験談】M雄と実母と友人の母

kage

2014/09/06 (Sat)

高校1年の時、俺は思い続けていた叔母とセックス寸前までいった。このこと
は前回書いた。偶然だが、その2つ前の投稿を見てみると、「脱衣場の洗濯
籠の中の下着を拾い上げ匂いを嗅ぐシーン」がダブルのだが、これは事実で
あったので、俺もそのまま書いた次第だ。(真似したのでは決してなく)。
ちょと付け加えて言うと、「さ、そろそろ帰ろうかな、帰る前にトイレ」
という所で、「あっパンティだ! じゃあ最後に匂いくらい嗅いだれ」って
気持でやった所を(注意してたつもりなんだけど)叔母に突然出て来られて
見付かってしまった……という経緯。
で、そういう叔母との出来事があってから少しの間は、憧れの女性と、一応
裸で抱き合える、まで現実できた事実に、内心ニンマリもしていた。
しかし時が経つにつれ、徐々に別な意味での欲求不満が俺の中に高まってい
った。それは、周りの奴らも次第に、上手く初体験を済ませたり、可愛い彼
女を作ったり、という風に、俺よりも先に、異性への接触を大胆に実現しだ
したからだ。
俺は前回「年上の女に魅かれることは無く、叔母だけが例外」とい書いた。

【熟女体験談】美佐子

kage

2014/09/06 (Sat)

僕は、過去の過激メール交換で美佐子の趣味を知っています。
それは、SMチックにレイプされる事を願望していました。僕も満更ではありません。
早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。
彼女は、「すごくイヤラシイ〜パンティ・・・」とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。
「す・凄くイヤラシイ姿だね。」
僕は、思わず美佐子に言葉を投げ捨てました。
小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。
美佐子は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。目がうつろに僕を見つめています。

【熟女体験談】30代後半の未亡人に童貞を奪われました

kage

2014/09/06 (Sat)

が中学一年の時にその当時隣に住んでいた30代後半の未亡人に童貞を奪われました。
奪われたと言うより捧げたて感じかも知れない。
体調が悪く学校を早退して家に帰った。その当時母も仕事をしていて家は誰もいない。
仕方なく自分の2階の部屋てベットに入り横になっていた。いつのまにか寝むってしまった。
誰か人の気配を感じて目を覚ますと顔の前に女性の顔が、『あら目が覚めたの』と隣の未亡人『大丈夫?顔が赤いわよ、寒くない?』と矢継ぎ早に質問。
『ちょっとだけ寒い』と僕が返事を返す間もなく未亡人が洋服を脱ぎ僕のベットに入ってきて抱きついてきた。
未亡人の体か僕の体に密着し温かった。そのままの状態で数分たった頃僕の体に変化が訪れた。

【熟女体験談】妻の母

kage

2014/09/06 (Sat)

私は27歳、妻20歳と1歳の娘と3人でくらしていました。
昨年の10月、妻は事故に合い入院を余儀なくされてしまい、
乳飲み子を抱え私は往生していました。

そんな時に助け舟を妻の母が出してくれました。
私は冠婚葬祭等を含めて何度もお会いしていますが、
とても綺麗で若々しくとても48歳には見えません。

妻は母子家庭で義母はホステスなどをして妻を育てたそうです。
十朱幸代に似ている義母は知的でおしとやかである種独特のフェロモンがあります。
妻の言う所ではかなり地位の高い方の愛人でもあったとの過去もあります。