FC2ブログ
2017 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 02

【熟女体験談】電車内でデブスなエロおばさんを見つけ、痴漢した後ラブホにお持ち帰り

kage

2018/01/18 (Thu)

ナンパっていうのか?

60代の還暦熟女をお持ち帰りしました

場所は電車の中

席に座ると、目の前で
超ブサイクな高齢おばさんが
股を開いて爆睡中

爆睡しているおばさんは
顔中皺だらけの老婆なのに、
なんか黒いミニスカワンピースに派手なストキングで
股を開いているもんだがら
ストッキングからパンティモロ見え

見方によっちゃ
クルクルパーのキチガイおばさんが
露出しているみたいに見える

そんなデブでブスなエロおばさんが目の前にいるもんだから
俺も勃起

電車の中はガラガラで、
俺はこのおばさんの隣に席を移るとやたら酒臭い

泥酔&爆睡ブルースな無防備デブスおばさん

【熟女体験談】官能的な母子逃避行で息子のペニスで何度もヨガリ膣イキさせ波打つ母

kage

2018/01/18 (Thu)

官能小説みたいに私達親子は
母子逃避行にでかけたんです

当時母は五十路で
父は、数年前に他界し未亡人になり
母子の慎ましやかな二人暮らしでした

私はもともと旅行好きで
母を一人留守にさせるのも忍びなく、
いつしか母を連れて母子旅行することに

母が若く見えるのか、
私が老けて見えるのか、私達母と息子は
25才の開きがあるにも係わらず、
宿では夫婦ものに見られてしまう

だから、部屋に女中さんが来れば、
母を奥様、私はご主人と呼ばれる事になってしまう。

最初の頃はその度に母も私も否定して、
言い訳がましく説明していたのだが、
どこまで本気にしたやら?

その位、男女2人連れはアベックと
みられるのが相場だ。

だから、夜は必ず蒲団が2つ並べて
敷かれるのが当たり前

【熟女体験談】スマホの画面の中にいる妻は現実の世界にいる妻と違い、単なる変態でキチガイなおばさんになっているんだが・・・

kage

2018/01/18 (Thu)

58歳で営業畑一筋で
一所懸命働いてきました

妻も50歳を迎え、五十路夫婦で
4人の子宝にも恵まれました

上二人は既に社会人となり、
下二人は、大学生で一人暮らししています

五十路の年増おばさんになっても
明るく元気な妻のことを心から愛しています

それ故に今回のことで誰にも
相談できず独り悩んでいました。

長男が大学に進学したいと言ってきて
妻がパート先を探していました。

その直後でしたが妻の同窓会があり、
同級生の紹介で仕事先があると言いだしました。

それは有村という男で妻とは中学で2年間
高校で3年間同じクラスだったらしいのです

仕事というのはスーパーの納入品の検品や
店舗内の陳列が主体だと

それは妻がレジは向かないとか
嫌だとか言って断ったらしいのです。

【熟女体験談】娘婿が義母に性感マッサージをしたら何度も膣イキさせてもヒルのようにしつこく求めてくるようになった

kage

2018/01/17 (Wed)

妻と結婚し、私は次男坊という事もあって
妻の実家に婿入り

その当時、義父は他界

妻は一人娘

そして、娘婿になり
義母と同居する事になり
1人で生活するのに不安を抱えていた
義母は大喜びで私を迎え入れてくれました

私が妻に惹かれたのは、
大柄で豊満なおっぱいと
腰の大きなナイスバディなところ

結婚して、その身体を抱けることが
何よりの楽しみで、若かったので、
毎晩喜んで妻を抱いて夫婦の営みをしていた

だんだんと妻も性の喜びがわかってくると、
喘ぎ声をあげ悶絶するようになった

私は、隣の部屋で寝ている義母に気兼ねして、
口を押えたり、声を出さないように言ったが、
こらえても、やはり自然に洩れるのである

そのうちに、義母の態度がだんだんと、
私と妻に辛くあたるようになってきた

【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

kage

2018/01/17 (Wed)

大学を卒業しても童貞だった俺は
新米社員の時に
営業先の超熟女社員に逆ナンパされて
筆下ろしされたんです

あれは新卒入社し、田舎にある支店に
配属された時のhな体験です

見ず知らずの町での営業で
全く成果があがりませんでした。

飛び込みで入ったある小さな工務店には
五十路前後の一人のおばさん事務員さんがいました。

俺の顔を見るなり、

「なにか営業に来たの?」

とニコリとほほ笑みながら対応してくれる
優しい年増事務員

通常カウンター越にしか対応してくれないんですが、
この愛嬌たっぷりのおばさん事務員は

「新入社員なの?初々しいわえ
まあコーヒーでも飲んで行きません?」

と椅子をすすめてくれ、コーヒーを出してくれました。