FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

【熟女体験談】妻と結婚直前の友人カップルでスワッピング初体験

kage

2019/08/18 (Sun)

俺は結婚していて子供は無し。妻の名前は仮に千穂にしておく。

Bは結婚はまだだけど4年以上付き合って結婚直前の香織ちゃんって彼女がいる。

千穂が26歳で香織ちゃんが25歳。両方共スレンダータイプってとこが共通点だけど

千穂は愛嬌のあるタイプで香織ちゃんは如何にも大人しい黒髪清純派タイプって感じの子。

俺もBもお互いの家を行き来する関係上お互いの彼女とはすぐに顔見知りになったんだけど、その後4人で遊んだりもして、

嬉しい誤算として千穂と香織ちゃんもすぐに仲良くなった。

ウマが合うみたいで何回か遊んだ後は今じゃほぼ毎日メールしてるような関係になった。

俺もBも千穂と香織ちゃんが仲良くなるとは思っていなかったんだけど

そうなると必然的に4人で遊ぶ事も多くなった。仕事の関係もあるから不定期にだけど月1~2回は週末に遊ぶようになった。

で、一つ俺とBには共通点があるんだけど、それは千穂は俺が、香織ちゃんはBが初めての男だって事。

つまり二人とも男は一人しか知らない。だからって訳じゃないけど俺も千穂をBも香織ちゃんを凄く大事にしてる。

でも俺は香織ちゃんみたいなタイプが凄く好きなタイプで、Bは千穂タイプが好み。

だからまあお互いの家とか行くと相手の事を褒めて持ち上げまくる事になる。

「香織ちゃん凄く可愛いよな。Bいいよな。」

「いや、千穂さんのあの歌のおねえさんっぽい所すげーイイ。」

無駄に相手を持ち上げまくる。しかも面白い事に千穂はジャニーズ系の線の細いタイプが大好き。

【熟女体験談】TVのアンテナ工事で人妻に誘惑され、SEX3回戦

kage

2019/08/18 (Sun)

3年~4年前の夏のこと。おれが20代半ばの頃、あるマンションのTVのアンテナの工事をやった。

高級なマンションであったにもかかわらず、少し古かったため、CS放送の受信には対応してなかった。

屋上のアンテナと共用部の機器は交換が終わってあとは部屋の中のテレビの端子の交換を残すのみ。

これが結構大変で、テレビの後ろはホコリが溜まってたりしてむせ返る事も。
私は職人さんではないので物の手配と工事の立会いをしていた。

そして最終日。

一日に回れる世帯は限られているので多くは回れないんだけど、職人さんが交通事故で来れなくなってしまった。

結構焦ったけど、スケジュール表を見ると今日は午前中3件だけで完了だった。
材料はあったので急遽私が工事をすることに。

工事の様子はいつも見ていたのでなんとかなるだろうと。
一軒目はなんなく終わって問題の二軒目。

そこの奥さんが妙に色っぽい。笑うと井川遥にそっくりだった。しかも体つきもミョーにエロい。

Tシャツにジーパンといった普通の格好なんだけど、Tシャツから突き出た胸がヤバイ。
軽く血液が下半身に集まって頭はクラクラ。あははは。

「失礼しまーす」
「ごめんなさいねー。散らかってて」
「いえいえとんでもないです。」

部屋はキレイで全然散らかっていなかった。そしてなんかいい匂いがするんだよねー。

【熟女体験談】ホテルでマッサージを延長したら母親と同じ歳の熟女と中出しSEXできた

kage

2019/08/18 (Sun)

つい先日の事です。40歳のサラリーマンですが、東京に出張で行き、立ち仕事だった為ホテルでマッサージを頼みました。

フロントにTELし、時間とマネーを確認した所「40分4,320円になり、年配の女性が施術します」との返答。
施術時間まで30分位有り、シャワーを浴びパンツ1枚で待ってました。

暫くすると、コンコンとノックする音が。扉を開けると、見た目60歳は確実に過ぎているであろうマッサージ師が立っておりました。
年配には間違いないけど…と、ちょっと期待した自分にショックを受け、招き入れました。

「お兄さん若いね。今日は何処が辛いの?」
「立ち仕事だったので、腰から足が辛いんです」

などと、淡いもない会話をしながら全身マッサージをして貰いました。マッサージが気持ち良く、不覚にもJr.が元気になってきた時に

「股関節をほぐすから仰向けになって」

と…チンポジを直しつつ仰向けになると、

「あら、こんな、おばぁちゃんに何、元気になって」

とパンツの上から撫でられてしまいました。

「お兄さん、体デカイから40分じゃ足りないよ。サービスするから60分にしなさい。」

と、時間変更を要求され期待しつつ変更。俺のイタズラ心も出始め、マッサージ師が変更のTELををしてる最中にパンツを脱いで全裸に。

【熟女体験談】職場恋愛したヘルパーさんと不倫SEXしたことで、夫から完全に奪い、自分の彼女にしたくなった

kage

2019/08/17 (Sat)

介護の仕事をしていて、職場恋愛をしました。

相手はヘルパーをしている美知子(52歳)で何回か食事をしたり飲みに行ったりしながら、ついこの高齢の熟女とに大人の関係になってしまいました。

私は同年代の女性には興味が無く、年上、それも閉経してくるぐらいの熟女と呼ばれる世代がストライクゾーンなんです。

その日は事前に美知子を飲みに誘っていたので旦那さんには懇親会だと言う事にして、二人で飲みに行きました。

居酒屋で飲みながら実は、美知子の事が前から好きで、付き合って欲しいと告白すると、最初は冗談だと思って流されていたのですが、

真剣に話をするにつれて「16歳も歳の違うこんなおばさんでも良いの?」と言われたので、

同年代や年下には興味がなく年上に惹かれると答えると、「一回だけなら良いわよ」と言われたので、店をでてラブホテルに行きました。

ホテルの部屋に入り後ろから抱きつくと、ビクッとした感じで、緊張しているようです。

首筋に舌を這わせると次第に力が抜けたので、ゆっくりブラウスを脱がせるとピンクのブラに包まれた豊満なおっぱいがあらわに。

恥ずかしがっていましたが強引にブラを外すと茶色い乳輪に少し大きめな乳首、堪らなくなり吸い付いてしまいました。

乳首を舌で転がすと、立ったまま喘いでいました。

そのままベッドに押し倒し、スカートを捲るとガードルが見え、ガードルを脱がすとお揃いのピンクのパンティーが見えました。

股間に指を這わせると少し湿ったような感じで、

パンティーの隙間から指を入れようとすると汚いからお風呂に入ってからにしようと言われたのですが、

我慢出来ずパンティーに手を入れマンコを直接触るとびちゃびちゃに愛液がヴァギナから溢れ、もの凄く濡れていました。

【熟女体験談】隣の奥さんの巨乳なブラジャーが風でベランダに飛んできた結果

kage

2019/08/17 (Sat)

その日の夕方、いつものようにベランダで煙草を吸ってたんだ。

今日はうちの側に洗濯物が干してありました。隙間からちょっと覗いたところ、私は「どきっ」としました。
ブラウス・ショーツと一緒にブラジャーが干してあるじゃありませんか。初めてです。

「すげー、でっかい」

見た瞬間、私の股間は熱くなり、もう一度覗きました。
ちょうどタッグが見え、E80、95と書いてあります。

こんなでかいブラジャーしてるんだ!
煙草を吸ってるとガラガラとガラス戸が開きました。

どうやら干し物を取り込むようです。気配がするとまずいとおもい、私は少し離れました。
それから、普通ありえないことが起きたのです。

その日は風がありました。干し物を取り込んでるとき、ブラジャーが落ちました。
そして風のせいかわかりませんが、仕切り板のしたの隙間からうちのところに入ってしまったのです。

「あっ」

と奥さんは言い、慌てて部屋に入りました。
ピンポーン。私はインターホンを取りました。

「すみません、隣の三田ですが…」
ドアを開けます。