FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

kage

2019/02/18 (Mon)

私48歳、妻44歳で大学1年と4年の娘がいますが、少し離れた大学なので妻の実家から通っています。

妻は胸は大きいのですが清楚で可愛い系なポチャタイプです。

その妻とは昨年に起こった事件から家庭内別居のような状態です。

原因は私にあります。

昨年のGW明けに妻から昔、仲が良かったグループでプチ同窓会をすることになったと言われました。

私は行かせたくなかったのですが、理由を聞かれると困るので笑顔で許可をしました。

実は妻の仲の良かったグループの一人H子とは妻と結婚する前に付き合っていました。

少し複雑なのですが、妻と付き合っている時に、妻が元彼と寄りを戻してしまい、その後にH子と約1年ほど付き合っていました。

が、妻が元彼と別れて私のところに戻ってきたのです。

私はH子と付き合ってるからと一度は断ったのですが、不思議なことにH子が身を引いたので妻と寄りを戻し結婚となったのです。

ですからH子はまあ問題はないと思っていましたが、問題はグループのリーダー格のA美という友達なんです。

A美は数年前に離婚してからよく妻のところに遊びに来るようになり、私とも仲良くなりました。

妻とは異なり美人顔でスレンダー(貧乳かも)なボディです。

メアドを聞いてからは急接近してしまい関係を持ってしまいました。

A美はSッ気があるのか、よく妻の過去の話をして私の反応を楽しんでいました。

【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

kage

2019/02/18 (Mon)

先ほど、先日に引続きスキ者奥さん(内田恭子似29歳)の自宅へ久々に訪問しゴチになってきました。

今日は暑くて新規開拓もヤル気が起きず、フォローと言う名目で会社を出て、思い切り中出しして只今オフィスでグッタリです。

某女子アナ風の奥さん「まぁ久しぶりですね」とご機嫌でお出迎え、愛想笑いは社交辞令かもうヤリたくて仕方が無いって感じに見えました。

自宅では白いノースリーブのピチッとしたシャツに、膝小僧までのローライズのデニムで出かけないのにしっかりお化粧をしています。

麦茶を出してくれるという奥さんを久々に見たらスタイルがイイんですよねぇ。

カモシカのような美脚、普通の女性のヒップより4~5センチ上たわわに熟れた尻。

歩くと左右上下にムッチリ粘るように揺れ動きます。

くびれたウエストからヒップラインを見るともうタマラナクなってしまいました。

「奥さん、今日は前の出来事(ナマ出し不倫セックス)が忘れられなくて来ちゃったんです」と奥さんを褒めながらイイ気分にさせていきました。

「んんっ、もうダメよ剛士さんたらっん。1度限りなのヨ」と八重歯のエクボ笑顔で微笑みながらけん制してきます。

「奥さん、そんなコト言わないで下さい。秘密は厳守しますから。奥さんに迷惑はかけません」とウナジに熱く舌を這わせました。

ここで奥さんもう鼻の穴をピクピク痙攣させて首から胸がピンクに染まっています(こうなればコッチのもの笑)。

奥さんワタクシの手を引いて寝室へ導いてくれました(やっぱドスケベ奥さんです)。

慌てて七つ道具の入ったビジネスバック片手に麦茶でバイアグラをゴクリと飲みました。

しかーし人妻のクセして夫婦の寝室によく招き入れるもんですよね。

【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

kage

2019/02/17 (Sun)

父は、10時頃家を出ていきました。

出ていくとき父は、

『きちんと戸締まりして寝ろよ!!』

と母に言うと、

「強盗入ってきても、タケシがいるから安心よ!!」

と笑いながら母が答えました。

『そうだな!!タケシ母さんと一緒に寝て良いから、頼んどくぞ!!』

と言葉を残し出ていきました。

「タケシもビール飲む?」

『えっ?僕・・・』

「良いのよ今日は!!」

冷蔵庫からビールを持ってきました。

「少しアルコール入る方が、緊張しなくなるでしょ?」

『なるほど。』

「しかしお父さんが出ていくとき言ってた言葉聞いた?タケシと一緒に寝ても良いって!!」

『うん。』

【熟女体験談】寝取られ願望が強くなり、弟に3Pの相手を頼んでみたら・・・

kage

2019/02/17 (Sun)

結婚して8年。

妻(32歳)が自分以外の男に抱かれる姿を見たいという願望が日に日に強くなった。

3Pをしたいと妻に告白すると最初は嫌がったが、半年掛けて説得し、何とか承諾を得た。

相手の男はすでに決めていた。私の実弟(29歳)だ。

兄の私が言うのも何だが、弟はイケメンのスポーツマンタイプ。

妻が3Pを承諾したのも、そんな弟が相手だと分かった為だ。

私としては夫婦の秘密を他人に漏らさないという意味では、弟は最適の相手だった。

妻の承諾を得て、初めて弟に3Pを持ちかけた。

最初は戸惑っていたが、弟も少なからず妻に好意を持っていたので、快く承諾してくれた。

初めての夜は我が家で。

リラックス出来る様に3人で軽く酒を飲みながら、少しづつ服を脱いでいった。

私は妻の緊張をほぐす為、いつもの様に優しくキスをしながら愛撫した。

陰部に手をやると、すでにシットリと濡れている。

弟の視線を気にしながらも、妻は感じ始めている様だ。

気分が高まってきた所で、弟に妻をお姫様抱っこさせてベッドへ移動した。

【熟女体験談】少年野球で知り合った父子家庭の旦那さんと家族ぐるみの付き合いが始まり、寝取られを決行

kage

2019/02/17 (Sun)

私42歳、妻40歳今から3年前の出来事をお話します。

私の息子が小年野球をしていた頃、途中でI君親子が同じチームに入って来ました。

I君の父親は大学時代まで野球をしており、実際に野球の話をしていても、失礼なのですが、

チームのコーチや監督よりも野球の指導方法や理論に長けているという感じがしていました。

I君は気さくな子供でチームにも直ぐに溶け込み父親の指導方法も良いのか、

野球センスも抜群で当時キャッチャーをしていた私の息子と大の仲良しになり校区は違うものの、

息子同士も学校が終わった後にお互いの家へ行き来するようになり、家族ぐるみでの付き合いも始まりました。

とは言ってもIさんはそれより2年程前に離婚しており、父子家庭です。

私とIさんは同年齢で打ち解けるのも早く、

話も合い暇を見つけては食事や酒も一緒にするようになりお互いの家庭の話や息子の野球や将来の事、離婚の経緯等、

時には冗談も交えながらも真剣に話をするような間柄となってきたのです。

或る日、私がIさんに今度私の家で食事でもどうですか?と誘うとIさんは

「良いですね、是非奥さんの手料理をご馳走して下さい、楽しみにしています」との事。

早速妻にその事を伝えると妻は「息子もお世話になっている事ですし良いじゃない。腕によりを掛けておもてなしするわ」との返事です。

妻が「あなた、Iさんはお魚が好きなのかしら?それともお肉かしら?」と訊くので「どちらでも良いはずだよ」

と言うと「ではどちらも用意しておきますね」と答えました。